4A0046BB-67B9-427B-9517-7C589835136C

もうすぐ2018年も終わりますね。
皆さんにとって今年はどんな一年でしたでしょか。

私にとってはとても良い一年でした。

先日、ある会に出た際、「今年は本当に大変なことがあって…」と前置きされた方が何人かいました。

それを聞いて、「あ、私も以前そう言っていたな。その時に比べたら、今年は穏やかな一年だったなあ。」と感慨深いものがありました。

また、ある会では、ある方が中島みゆきの♪時代♪を弾き語りされ、聞いた途端に涙がぽろっと溢れたと思ったら、止まらなくなってしまいました。

本当に悲しくて苦しい時は、涙さえも出てこないんですよね。
だから、泣けたのは全てが終わって、苦しかった時を本当に♪そんな時代もあったね♪と言えるようになったということなんだと思いました。

「今年、いろいろつらいことがあって…」という方に、
共感できるのはとても幸せなことです。

心の中で「大丈夫、きっと元気になれるよ!」と確信を持ってエールを送れることもとても幸せなことだと思うのです。

慈悲の心は、悲しみや苦しみの体験を通して育てられていくのかもしれませんね。