768250A6-BC4B-4EA8-B555-751DF15D9A4A

アーユルヴェーダでは、食べたもので体が作られると考えられているので、何をどう食べるかが重要なこととされています。
ヴァータ、ピッタ、カファという3つのドーシャで構成される自分の体質を知って、それにあった食事をするのが健康な秘訣です。
「〇〇が健康にいい。」とテレビなどで紹介されるとみんな一斉に試しますが、すぐにブームは過ぎ去って長続きしている人はあまりいないのではないでしょうか。
アーユルヴェーダでは、体に良い食べ物は人によって違うという考え方です。
そして、食べ物だけでなく、五感から入って来るものは全てチッタと呼ばれる体内ハードディスクに記憶されます。自分が覚えていようといまいと全て記録されるのです。
だから、五感から入って来る情報をなるべく美しいもの、清らかなもの、楽しいものにしましょうと勧めるのです。
今日は美しい紅葉を見てきました。心が洗われました。