マザーハウスの施設に昨日まで韓国人の団体が来ていて、5人の女性が毎朝驚くほど大量の洗濯物を洗って干すのを手伝っていました。

彼女たちがいないので、今日は私ともう一人の日本人と洗濯の手伝いをしました。

写真撮影禁止なのでお見せできなくて残念です。イメージがわかないと思いますが、何十本もの針金が張ってあって、そこに洗濯物がずらーっと並びます。

マザーハウスではどこの施設にも洗濯機がありません。手洗いです(>_<)なぜかと言うと、マザーテレサが一番貧しい人の生活に合わせたからです。

洗濯はまず、洗剤液で洗います。ちゃんと汚れがひどいものはゴシゴシやっていました。洗ったら絞って、次の水のバケツに入れます。ゆすいだらまた絞ります。そして、もう一回水がはってあるたらいに洗濯物を入れてゆすいで絞ります。以上(^^;;

今度はそれを干します。私は背が高い方ですが、それでもギリギリ届く高さなので、私より背が低いインド人はどうやって干すのだろうと思ってしまいました。

全部終わった時の「やった〜*\(^o^)/*」いう感じがすごいよかったです。

マザーハウスのボランティアはどこの施設に行っても必ずこの洗濯のお手伝いがあるようです。