毒素排出ハーブ

昨日に引き続き、アーマのお話。アーユルヴェーダでは、消化されなかったものをアーマと呼び、それが病気の根を作っていくと言われています。ですから、食事はきちんと消化できる量を食べるようにしましょう。もし、アーマが溜まってきていると思ったら、次のことをやってみてください。
まず、朝起きたら、タング・スクレーパーで舌の苔を取ります。歯を磨くように、舌もきれいにします。舌に白い苔がびっしりついていたらアーマが溜まっている証拠ですよ。
次に白湯を飲むようにしましょう。朝起きたら、毎食時、夜お風呂から出たら、と一日5回白湯を飲むと体の中を浄化してくれますし、体を温めるのでアーマが溜まりにくくなります。
さらに消化力をあげるために食事の10分から15分前にショウガを食べます。ショウガの薄切りに塩とレモン汁を少々かけたものがいいです。数日分、作り置きして冷蔵庫で保存してもいいです。
これが毒素を排出する基本です。
そして、さらに強力なお助けマンが「アーマバスター」です。アーマバスターは、ミントパウダー2、フェンネルパウダー2、クミンパウダー1、コリアンダーパウダー1、ジンジャーパウダー1を混ぜ合わせたもの。「アーマバスター」の名前の通り、アーマを排出してくれます。サントランでは、ご希望の方に「アーマバスター」をお作りいたします。