毒素排出ハーブ完成品

今日はちょっと余裕のある一日だったので、久しぶりにアーマバスターを作ってみました。アーマバスターは、毒素を排出するハーブです。

アーユルヴェーダでは、食べ物と生活スタイルを変えることで病気の70%は治ると言っています。そのくらい食事が大事なのです。
食事の基本は、きちんと消化できるかどうかです。ですから、自分の消化力を把握し、それにあった食事の量にして、きちんと消化できるものを食べることが大切です。

一日の中で一番消化力が高いのは昼間ですから、ちょっと消化に時間がかかりそうだな、重そうだなと思うものを食べたかったら、昼に食べるようにしましょう。夜遅い時間の食事は肥満のもとというのはみなさんご存知ですよね。夜はもう寝るだけですから、揚げ物や肉など消化に重いもの、体を冷やすようなものは摂らないようにした方がいいのです。

アーユルヴェーダでは、きちんと消化されなかったものを未消化物=アーマと呼び、これがたまると病気になると言っています。アーマは今の言葉でいえば毒素です。アーマがたまってしまったか、チェックする方法があります。

舌に苔がつく
味覚が鈍くなる
便・尿・おなら・口臭などが臭い
体が重く感じる
疲れやすい
日中眠気がとれない

こんな症状があったら、まだ病気になっていなくてもアーマがたまってきたサインです。

長くなってしまったので、アーマが溜まってきた時の対処法とアーマバスターの作り方はまた明日。