ヨガニードラ

忙しい!疲れている!
だから、体を休ませたい。
でも、十分な睡眠時間がとれない!という時、どうしていますか。

私は、そんな困った時のお助けグッズとして、このヨガニードラを活用しています。 ニードラとは「眠り」を意味するサンスクリット語。 ヨガの最後に「シャバーサナ」という床に寝転がり何もしないポーズをとりますが、ヨガニードラもそれに近いものです。 床に寝て、CDから聞こえてくる声に従っていろいろイメージするだけです。 20分のヨガニードラは4時間の睡眠に相当すると言われています。 それだけリラックスできるというわけですね。 人間は目覚めていてもリラックス状態にあると、入眠時に出るアルファー波という脳波が出ます。そして、寝ている時のように体の細胞一つ一つが修復されていきます。

私の場合、一つ問題が…。
本当に寝てしまうことです。
気がつくと終わっているということが多くて「あ、また、寝ちゃった」ということがしばしば。
寝つきが悪い方にもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です