アーユルヴェーダのオイル

ジヴァ・ジャパンが月に一度、たまプラーザで開催しているアーユルヴェーダの無料ミニ講座に出ていたときのことです。

その日の先生の話はこうでした。
「風」というのは、強い日もあれば、弱い日もあるように「風」には「不規則」という性質がありますよ。それは「不安定」ともいえますね。だから、「風」の要素をもっている人は、不安になったり心配することが多いです。そして、「風」は「動く」いう性質ももっているので、頭の中で考え事をしていることが多くて、頭が疲れてしまうんですよね。

まさに私のことを言っている!
先生、なんで私のこと、そんなにわかるんですか?!

それが私の感想でした。

その日、来ていた「火」の要素をたくさん持っている人に
「私、電車に乗っている時もお料理をしている時も人としゃべらないでいる時間も、いつも頭の中で考え事をしているんですが、みんなそうじゃないんですか?」と聞いたら、
「ぼーっとしている時は、本当に何も考えていませんよ」と言われ、ビックリ!
本当に何も考えていないの?

みんな、しゃべらない時も頭の中で考え事をしていると思っていた私。
違ったみたいです。
ただ座っている時に何も考えていない人と
どうでもいいことをあれやこれやと考えている人とでは、疲れ方は全然違いますよね。

かくして、私は他の人に比べて、頭の中で考え事をすることが多くそのためにとても疲れてしまう傾向があることを知ったのでした。

では、どうしたらいいか?
それは、また明日のブログで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です