Santulanとは

oil

 Santulan(サントラン)とは、「バランス」という意味のサンスクリット語です。
 私たちは生きていく中で、身体と心のバランスをとることはもちろん、自分の様々な役割のバランスをとることも重要です。
 Santulanは、そのバランスを取り戻すお手伝いをする場所です。

 アーユルヴェーダのオイルマッサージやヨガのレッスンを受けることで身体のバランスが取り戻されます。
 そして、身体と心はつながっていますから、心のバランスもとれていくのです。

Santulan(サントラン)は自分を大切にする場所

私たちは、生まれた時、誰に教わるのでもなく自力で呼吸をはじめ母親のお乳を飲みました。
私たちが生まれたとき、生きているだけで、命があるというだけで価値がありました。誰もがあなたの存在そのものを喜んでくれました。あなたの存在そのものがまわりの人を幸せにしたのです。
Santulanは、自分が本来そんな存在であるということに気づく場所。
自分を大切にする時間を過ごすところです。

なぜ、アーユルヴェーダとヨガのサロンなの?

アーユルヴェーダとヨガは、同じヴェーダ科学を起源としています。その考え方はとてもシンプルです。
宇宙の天体の動き、自然界の種が芽を出し成長しやがて花を咲かせる仕組み、そこに見られる宇宙の知性と同じものが人間の中にもあると教えています。
ただ、その知性がうまく働かなくなっていたり、見えなくなっていたりするのです。
アーユルヴェーダとヨガは、それを見つける方法、知性がうまく働くようにする方法を教えてくれます。
身体は元気になり、心は落ち着き、自分がすべきことがわかるようになる。そうすれば、人生はもっとうまくまわるようになると教えています。